北海道シリーズ

                

 

“北海道 夏の陣” の2試合が終わりました。

続きを読む >>

白馬サマーコンバインド2戦 その

                

白馬サマーコンバインド2戦 その の記事

 

〜2戦目 ラージヒル〜

今日も朝から暑い。昨日以上に熱中症対策を入念に。

首にはクールタイプのBUFF、頭はキャップ、昨日に続きZENの塩梅水でこまめに水分補給。

 

試技から良い風にあたる。スタートゲートも高め設定。

それでも、上手く風邪を掴めずK点を少し超えたくらいしか飛べず。

試合ラウンドはそこを修正。風と喧嘩しないイメージで。

 

迷いなく、ズドンと飛び出せた。

その瞬間にもう確信した。めっちゃ飛んでくって。

128m。自分ではヒルサイズまでいったと思った。笑

 

ゲート高め&向かい風でしたが、試合でしかもラージでここまで飛べたのは久々でした。

チョー気持ちよかった。今でも忘れてない。

 

 

前半終わって5番手。

 

昨日良く走れたのはたまたまだったとしても、2戦目で今日も暑い。

そんあ状況だから昨日以上に抑えめな展開になると予想し、スタートから積極的に攻めた。表彰台を目指して。

 

4周回の2周目が終わって、4番手の渡部選手(ガリウムスキークラブ)に追いつく。

私が前を走り、更に前を目指す。

 

トップスタートの永峯選手(明大)を抜いて3位に浮上。

最終ラップ、後ろから上がってきたチームメイトの永井選手(岐阜日野自動車SC)に追いつかれ、3人で3位争いに。

最後の登りで秀昭さんが仕掛けてペースが上がる。気づいたらそれに反応してて、それを阻止するかのように先頭でスパートしてた。

そのまま下りへ。昨日と似たような展開。

ゴールスプリントに強い2人。どうやったらこの2人に勝てるか? 下りながら、探る。

 

下りきってカーブを抜けたところで2人がペースを上げる。少し離れるが、我慢して付いてく。

一瞬差が縮まって勝機が見えたが、もう1段上がったスピードに付いていけず、5位でゴール。

 

今日のラップは秀昭さん。19分台。流石。。

私は2番手。昨日より数秒速かった。

チームメイトの傳田がラップ3番。 後半では岐阜日野の存在感を見せられたと思う。

 

 

 

2日間、渡部兄弟がいないとはいえこの試合久々の入賞でした。

順位に関していえば、術後から間もないことを考えると上出来すぎるほどだと思います。

 

しかしながら、中途半端な準備で良かっただけに、気持ち悪さが残ります。

まだ万全の準備をしてボロボロだった時の方が清々しい。。

 

ただ、2試合とも元々ウィークポイントだった最後のスプリント勝負の所が、

高強度のトレーニングができていない為に直に出て順位に反映してます。

最後の順位が決まる勝負の一番重要な部分。

 

課題は明確です。

 

ナショナルチームのメンバーに割って入るではなく、そこを越えていく。

オリンピックシーズン。数少ない国内の試合。

せっかく役者がそろっているのだから、僕らが、僕が、面白く盛り上げていく。

 

そう思った2日間でした。

 

ひとまず、現場に戻って来れて良かった。。

 

 

2日間応援ありがとうございました!


白馬サマーコンバインド2戦 その

                

 

『万全の準備をして臨まないと、全力で楽しむことはできない』

 

そう感じた2日間でした。


その後のパフォーマンスの観点から 【鼻中隔湾曲症】

                

 

トレーニングを再開してもうじき3週間が経ちます。

術前と比較して、現時点での違いを比較してみます。

 

 

【酸素をより多く取り込めるようになり、同じ強度のエクササイズならば心拍数が下がるのではないか】

こんな仮説を立ててました。

これについては今のところ全く逆の状況になっています。

同じ強度、いつものペースでも心拍が高い。ちょっと想定外でした。

そのせいか、まだキツい感じがあります。

1週間ベッドの上からの再開なので、その影響もあるかもしれないのでこれは今後も要観察ですね。

 

これに応じてか、最大心拍数も上がりました。

VO2max測定などの正式な最大数値ではないですが、

いつものコースでタイムトライアルを実施したら、今までの記録よりも高い最大値でした。

タイムは良くなっていないので何とも言えないですが。

限界値近くまで身体を動かせるようになったのか、単純にmaxスピードのトレーニングが不足してるのか。。

 

ただ、安静時の心拍はぐっと下がりました。

起床時で45bpm前後、調子いいと40bpm前半です。

しっかり休めるようになったのか、これは良い傾向だと思います。

 

なので安静時心拍と最大心拍の幅が単純に広がりました。

 

 

あとこれは完全に主観ですが、

普段は鼻呼吸で、運動・エクササイズを始めて強度が低ければ鼻呼吸である程度いけて、

強度が上がっていくにつれて口呼吸に切り替わっていくと思いますが、

そのタイミングや口と鼻の呼吸する割合?がまだよくわかりません。

 

今までよりも鼻で呼吸できるので今までキツかったゾーンでも鼻呼吸できるんですが、

どこまで鼻で呼吸していいのかベストがまだ見つけられていません。

もしかしたら意識しすぎなのかもしれませんが。。笑

 

 

今週末は白馬サマーコンバインドに出場します。

準備不足感は否めませんが、ベストを尽くして今の現状を把握したいと思います!



profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間はあらゆる傷を治す
    とも
  • 全日本選手権 結果
    こやま
  • 全日本選手権 結果
  • 飯水スキー大会
    こやま
  • 飯水スキー大会
    雪ん子
  • 冬近し
    こやま
  • 冬近し
    やすこ
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    こやま
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    雅希
  • 明日からサマーコンバインド2戦@白馬
    こやま

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR