スポンサーサイト

                

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

伊藤杯 コンバインド

                


宮様NCから中2日。

ここまで全力リカバリー。


前日のPCRはトップから約1分の8番手くらい。

これが採用されても勝つ自信はあったけど、最終戦だから気持ち良く飛んで締めくくりたかった。


朝から淡々と、やるべきルーティーンをこなしていく。

後は良いイメージの動きを実際に体現するのみ。



試合ラウンド

K点を超えて91.5m。

テレマークもしっかり決まって自然とガッツポーズが出た。


試技の感じならトップ5以内でスタートできるな〜なんて思ってたら前半トップ!



開幕2戦目以来。

その時は逆転されて負けてる。

そこから立て直し、成長したシーズンだったと再確認するには絶好の機会。


レースプランを考えながら、また今シーズンを振り返りながらジャンプを後にコースへ向かう。



後半



やっぱりBib#1は特別だ

付けてるだけで身が引き締まるし、心なしか堂々とする笑


泣いても笑っても最終戦。

常に目指してる、“前半も後半も1位の記録で圧倒的に勝つ”を実現させるチャンス。


しかしこの時はまだ気付いて無かった。。




スタート



宮様の時よりもコース状況が悪く、ウォーミングアップは試合のコース以外でとなった。



コース状況を確認しながら走り始める。

スキーの滑りは悪くない。

何故かすぐ気持ち悪さが出てきて吐きっぽい…。そのせいかイマイチ身体の動きが悪い。


体調不良なのか疲れなのか、、

それでも、スタートしてしまえば言い訳には出来ない。

後ろの選手に一気に詰められたら勝機を与えてしまうから、詰められても少しずつ、になるようコントロール。

後半のラップタイム1番は厳しそうでもダントツに勝つのだけは絶対譲らない。


レース後半

たぶん今シーズン1,2を争うくらいキツかった。

そんな中でも常にスキーを滑らせられるポジションをキープし続けられたのは大きな成長だったと思う。


最終ラップの最後の登り

そこで応援してくれてた某小林家4男に煽られたのもあったけど笑、

「こんなレースしてたらチャンスを逃すぞ」と自分を戒め、そこから全力スパート。

高いステージでも戦えるように。



ゴールはあまり喜べなかった。。

悔しさが先にあったなぁ


それでも、シーズンを戦いぬいた清々しさも。


勝った時は、現地での祝福、SNSやメールで連絡をくれる方達がたくさんでホント嬉しい!

これだからまた勝ちたいって思う。



シーズン総括は次にします!



今回もたくさんの応援ありがとうございました!



写真提供:福原さん


スポンサーサイト

                
  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • 12:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR