スポンサーサイト

                

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

全日本選手権 @白馬

                

 

白馬での試合は何かと鬼門だった。勝手にそう感じていた。

 

2年前の国体ではウォームアップ中に転倒して不出場。

更に遡ると、数年前は夏のサマーコンバで熱中症で途中棄権。

大学4年?の全日本選手権でも、表彰台のチャンスがあったのに残り2kmほどで転倒しコースアウト。

 

良いイメージが全くないホーム。

 

そして勢いが完全に削がれてしまっている今季。

 

どうなるか。

前日までのトレーニングでだいぶ立て直せた。

少し自信を取り戻し、不安とそれが入り混じったような気持ち。

当日は快晴。雲一つない空を見てたら自然と不安は薄れていった。

 

 

-前半ジャンプ-

風も落ち着いてたこともあり、自然と自分のやるべきことに集中できた。

他の選手もあまり気にならなかった。

 

 

スタートゲートと風の状況を見てK点は越えたいなと思ったし、いけると思った。

しかし飛び出しで浮力を得られず失敗したかなぁっていう踏切だったけど、うまく空中に移行できたせいか何とか後半伸ばせた。

 

89.5m

 

K点には0.5m足りなかった。

 

後半の選手はK点を超える選手が多くいたけど、向かい風をもらっていた事でウィンドファクター(以下WF。風の不公平をできるだけなくすシステム。有利な抜かい風は減点、不利な追い風は加点される) で-6〜-11ptほど減点された。一方の私はWF-1.7。

 

トップとは飛距離で7m (1m=2pt) ほど差があったけど、WFが加味されたポイント差は8.5pt。約35秒差の4番手で後半へ臨む。

 

-後半クロスカントリー-

気温が上がり暖かく、春みたいな陽気でコースはかなりザクザク。

それでも裏の日陰はガリガリでスキー選択が難しかった。

 

13:00スタート

 

前を追う

 

 

プランは2つ。トップ集団を形成することはまず必須。

 Д肇奪彌乎弔蚤茖化乎弔ら逃げ切る

◆余力を残しつつ第2集団に追いつかれてから勝負する

 

迷わず,鯀択しそうな展開ではあったけど、12月の名寄では30秒差をひっくり返されて負けてるので、それも踏まえて。

2.5km×4周の1周目終わる頃には先頭に追い付き4人集団を形成。後続とは40秒差。

 

皆気にしてた後続との差

 

 

2周目 集団のペースを緩めないようにコントロール。その甲斐あって、5km終わって後続とは30秒差。

後ろはあまり迫って来ない。5匳わって3人に絞られる。ここの勝負に徹する。

 

3周目から仕掛ける。コースの起伏のポイントでダッシュを繰り返しペースを上げ下げする。

めちゃめちゃキツいけど、先頭を走ってるのでこれが効く。

後ろに付いてる選手は、前の選手が風よけになるので少し楽に走れる。

その効力を無くすために仕掛け&仕掛け

 

この仕掛けで4周目には独走できると踏んでいた。

そう甘くなかった。1人脱落してくれたけど、もう一人はしっかり付いてくる。

自分も余裕がなくなってくる。

 

それでも繰り返す。キツいところでスパート。

さんざんトレーニングしたパターン。それの成果を感じたかった。

切れそうになる気持ち。遠のく視界。

 

結局、会場に入る最後の登りまでもつれた。

“ここで離せなかったら勝てないぞ”

そう自分に言い聞かせて振り絞ったラストスパートで決着した。

 

 

 

 

-まとめ-

 

プレゼンターまさかの原田さん! 光栄ですm(__)m

 

 

今季、シーズン前に感じていた大きな手応えはシーズン初戦から打ち砕けた。

自信を持って臨んだ分、落胆は大きかった。

 

そこから試行錯誤の日々。

国体前後は「オフのトレーニング、自分の突き詰めてる技術が間違ってるのか。。」なんて考え始めてた。

気持ちが切れそうだった。

だから今回勝てたのは大きい。

 

“勝ったら全てが正しいと証明される”

 

勝負の世界ではありがちだけど、決してそうではない。

 

 

ここまでの期間、改めて色々な事を考え取り組んだ。今までの常識を疑って。

それが直ちに結果に表れはしないけど、間違いなく来季以降の自分の糧になるだろう。

今冷静になってみて、自分にとって必要な時間だったと思う。

 

レース翌日から「なんで3周目に独走できないんだよ、自分!」なんて思ってる笑

これがあるから更に上を目指す原動力になっているのかな。

 

 

 

-御礼-

今大会、本当にたくさんの方が試合を観に来てくれた。自分でもビックリするくらい。。

なのでいつもより写真も多い!笑 嬉しい限りです!

 

 

レース後半のキツい瞬間、

最後の一歩を踏み出す力を後押ししてくれたのは皆さんの応援です。

間違いなく力になりました。

 

本当にありがとうございました!

 

試合を振り返るブログが遅くなりましたが、もうすでに気持ちは来週の残り2戦です。

取り戻した勢いそのままに、最後の最後まで駆け抜けます!

 


スポンサーサイト

                
  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • 08:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR