スポンサーサイト

                

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

国体

                

 

 

イランカラプテくしろさっぽろ国体

 

スペシャルジャンプ  5位

コンバインド     準優勝

成年リレー(岐阜県#3) 6位

 

今年の国体はこんな結果でした。

 

-試合前期間-

 

久々の宮の森。

一日2,3本ほどの少ないトレーニングでジャンプ台の感覚を掴む。

難しい事ですが、過去に何度も飛んだことのある台なのでそれほど苦戦しないと思ってた。

 

実際、トレーニングで飛んだ本数は少なかったものの悪い感覚はなかった。

ただ、良いジャンプをしたつもりが風が悪く距離が伸びなかったり、

逆に失敗しても風に助けられて距離が伸びてしまったり…。

気持ちよく飛べた感覚は全くなかった。

後から思えば、本当に細かい所やメンタルのほころびから少しずつ悪い方へ狂っていってしまっていたと思う。

 

結局、これが最後まで続いた。

 

 

-2/15 スペシャルジャンプ-

“昨年勝ったから今年も”みたいな変なプレッシャーは全くなく、

良いジャンプが出来れば3位以内、あわよくば2位いけるな。。と、高望みせずしっかり現状を見れていた。

 

結果は5位。

 

1本目

それほど悪い内容じゃなかったのに、自分より良い条件で飛んだ他の選手に差をつけられ、それを深く考えすぎていた。

そんなことから2本目は力が入り、自滅。

 

すぐ明日に切り替えられれば良かったけど、ちょっとナーバスになっててそれどころではなかった。

 

 

-2/16 コンバインド-

試技がキャンセルになり、ぶっつけ本番。

頭の中に良いイメージはできていたけど、ここまで納得できるジャンプができていないせいか、

迷いなく踏み切れなかった。中途半端なジャンプ。

 

前半2番手

トップ湊選手と26秒差。

成年Bは後半5劼覆里鯑Г泙┐襪搬腓な差になってしまった。

 

ジャンプでもやもやした分、後半はスタートからフルアタック。

チャンスはあると思っていた。

実際、2卉賄世12秒差まで詰まった。いけると思った。

しかしそこから追いつけない。それどころか逆に離される。

 

レース後に分析すると、2.5kmの1周目と2周目で45秒ほど2周目が遅かった。

自分ではそこまで大きくペースダウンしてるとは思わなかった。

 

結局突き放され、準優勝。

 

終始全く余裕のないレースだった。

 

 

シーズン始めからここまで、オフに感じていた手応えには程遠い結果で、

そうじゃないと分かっているけど、

“ここまでのトレーニングが間違ってたんじゃないか”

“自分が正しいと思ってるテクニックも間違ってるんじゃないか”

そんなことを考え始めてしまっていた。

 

そんなモヤモヤした気持ちを振り払いたい一心で最終日のリレーに、臨む。

 

 

-2/17 4×10kmリレー-

2年ぶりのリレー。

個人戦とはまた違った気持ちになる。

優勝のチャンスもある岐阜県チーム。私は3走。

 

トップ争いでくるプランを想定してけど、トラブルあり2走からタッチされた時は6番手。

なかなか順当にはいかないのがリレーみたい。

 

山形、岩手と3チームのパック。

2匱蠢阿能田に抜かれる。

 

初日クロカンの成年Aで優勝した実力者。

このままパックで走るか、秋田に離されないようできるだけ食らいつくか。

少し考えてしまったけど、身体はしっかり反応してた。追いかける。

 

結局そこから3kmほどしか付いていけずオーバーペースでバテてしまった。

しかし、そのチャレンジした選択が今の自分には必要だった。

 

決して納得できる走りではなかった。

アンカーが必死で追い上げ秋田まで数秒差まで追い上げてくれた。

“自分があと10秒早く走れてたら”

そうなれば順位がひとつ上がっていたかもしれない。

 

守りに入らずに積極的なレースを

いつも心がけてる事を守り実行できた、ただそれだけが今の自分の心をを繋ぎ止めてくれた唯一だった。

 

 

-まとめ-

今思えば、国体期間中は全く余裕がなくなっていた。

余裕がないと些細な事が気になるし、良いひらめきや判断が全く生まれてこない。

いつの間にか負の循環に入ってしまう。何のせいでもなく自分で自滅していった。

 

1週間後、白馬で全日本選手権

堂々と胸を張ってホームの試合に臨みたかった。

 

それは叶わなかったけど、この1週間でどこまで立て直せるか。

自信を失いかけてはいるが、この課題が自分の強いモチベーションになっている。


スポンサーサイト

                
  • 2019.05.14 Tuesday
  • -
  • 14:12
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR