宮様国際スキー大会 〜複合 後半クロスカントリー編〜

                

 

札幌はジャンプ台から白旗山のコースまでが遠い。

 

ジャンプは中断が多く長引き、会場に着いたのがスタート1時間前…。

 

着いてソッコースキーテスト。

 

じっくり選びたいとこだったが、悩んで時間をかけないよう1回のみのテストで決断。

いつもスキーを作ってくれる西田さんなら安心して任せられる。

 

着替えてアップ開始が30分前。

 

コースは日なたがザクザク、日陰はガリガリ。。

かなり難しいコンディション。アップで滑りそうなラインを確かめながら走る。

 

13:30後半スタート。

 

2番手とは26秒差。

ゆったり、自分のペースで展開することを心がける。

もし追いつかれても余裕で勝負できるように。

 

テクニックを意識しながら、かっこよく(笑)、堂々と走っている自分をイメージしながら。

 

1周目で数秒詰められたが2周目で差が少し開き始めたので逃げれると確信。

後はペースダウンしないよう、むしろペースアップするイメージで。

 

 

国体に続き、前半トップから気持ちよく勝つことができた。

この2試合、競り合いがない試合だった。

一人でタイムレースをしているような状態で、どのくらい走れるか裏テーマを持って臨んだ。

今までは、ジャンプで出遅れ後半で追い上げる展開がほとんどだったので、常に前に選手がいる状態だった。

しかし最近は前半トップで単独走が多い。

決して手を抜いて走っている訳ではないが、後半のラップが少し遅い。

展開でいくらでも変わるが、一人で走ってもラップを取れるくらいの走力が欲しい。

 

今までとは全く逆の展開を経験することが多くなり、改めてノルディック複合の奥深さを感じた。

 

 

翌日の表彰式、三笠宮妃杯の大きなカップを頂き、宮様スキー大会の歴史を感じました。

カップに刻まれた歴代の優勝者の名前を見ながら、この方達に続けてよかったと思いました。

 

国体、宮様と2連勝でき、今までにないような結果でここまで来ています。

しかし、内容としては満足には届かない2試合です。

 

来週の今季ラストレース全日本選手権。

ここでは結果・内容ともに満足するレースができるようしっかりと準備します。

 

 

名寄で始まり名寄で終わるシーズン。

シーズン中に大きく成長できたことを確かめられる試合にします!


スポンサーサイト

                
  • 2018.05.18 Friday
  • -
  • 19:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間はあらゆる傷を治す
    とも
  • 全日本選手権 結果
    こやま
  • 全日本選手権 結果
  • 飯水スキー大会
    こやま
  • 飯水スキー大会
    雪ん子
  • 冬近し
    こやま
  • 冬近し
    やすこ
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    こやま
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    雅希
  • 明日からサマーコンバインド2戦@白馬
    こやま

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR