宮様国際スキー大会 〜複合前半ジャンプ編〜

                

 

コンバインドで優勝!

 

歴史あるこの試合で、三笠宮妃杯の初タイトルを獲得しました。

 

前日の公式練習は雨。結構な雨。

 

開始直後は良いものの、私が飛ぶ頃(今大会は一番最後スタート!)には助走路の氷が解けて溝もなくなり、

飛び出し口付近はレールの中が水たまり。まさにスプラッシュマウンテン状態。

 

案の定すごい減速してジャンプにならず。

結局予備ラウンドは中止。

 

 

自分の中で悪いイメージは消化できて当日。

昨日とは真逆の気持ちよい快晴!

ただ、風がかなり不安定。

 

練習ラウンドは良いイメージで飛べたつもりが、75m。

風の影響もあったと考えたいが、昨日から2本続いて距離が伸びないとちょっと冷静にはいられなかった。

 

そして迎えた試合ラウンド。

相変わらず風が安定しなく、良い風にあたった選手は大きく距離を伸ばすが、追い風にたたかれた選手は伸ばせず落ちていく。

 

そして自分の出番。

スタートゲートに入って風向計を見たら強い追い風。やむ気配なし。。

シグナル「赤になれー」って45秒間ずっと思ってた。笑

 

幸い、赤。

一回ゲートアウト。

すると、追い風からゆるい向かい風になってきた。シグナル黄色。

「よっしゃー」と思いゲートに入るとまた強い追い風に。。

日が照ってきて、シグナルが反射してゲートからは数字が見えなくなった。何秒経過したか分からなくなる。

永遠に

長く感じたけど、幸いまた赤。またゲートアウト。

 

今日は前半悪い位置からスタートのキツいレースになることを覚悟して、割り切って思い切り飛ぼうと決めた。

もう風向計を見るのをやめた。

 

それが功を奏したのか、踏切で鋭く立ち上がれた。

空中の前半は全く浮力がなく苦しかったが、後半に良い風をとらえられた。

 

95m。

 

すごい気持ちよかった。

国体に引き続き、試合で会心のジャンプが出せた。

後で聞いたら、下で見てた後輩何人かに「そんなによい条件じゃなかったのにすごいっす」と。

てっきり風に助けられたと思ってたから、その言葉に自信をもらった。

 

相変わらず着地が下手だけど前半トップ。2番手と26秒差。

 

 

 

後半へ続く

 

 

 

 


スポンサーサイト

                
  • 2018.11.08 Thursday
  • -
  • 10:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR