白馬サマーコンバインド2戦 その

                

 

『万全の準備をして臨まないと、全力で楽しむことはできない』

 

そう感じた2日間でした。

白馬サマーコンバインド

 

・7/8 ノーマルヒル + 8.4km

 【6位】<前半ジャンプ20位、後半ローラースキー1位> リザルト

 

・7/9 ラージヒル + 8.4km

 【5位】<前半ジャンプ5位、後半ローラースキー2位>  リザルト

 

このような結果でした。

 

〜初戦ノーマルヒル〜

朝から気温が高い。

TCMで後半の距離が5周10.4km→4周8.4kmに変更になった。

ジャンプの比重が少し大きくなる。

 

写真提供:福原さん

 

向かい風の好条件でのジャンプでしたが、それをうまくいかせず87.5m

ウィンドファクターで大幅減点。約10m分。このゲートと風の条件なら95mくらい飛ばなければ勝負できない状況でした。

 

前半は20番手

 

シングル順位まで30秒。

鼻の手術をし、満足にトレーニングできない期間があり間もなくのこの試合。

どう考えても準備不足だし、トレーニングの状況も顧みてどの程度走れるか未知数でした。

 

やっぱり、試合でもなんでもそれに向けてしっかりと準備ができないと人は不安になるんだと身をもって実感しました。。

珍しく終始ソワソワしてました(^^;)

 

12:45のスタートは暑さに無風、高い湿度でとても苦しい。

スタートしてからはそんなことも忘れ、春から取り組んでいるテクニックと呼吸に意識を向けて周回を重ねました。

 

写真提供:福原さん

 

条件のせいか、皆抑え気味?ってくらいスロー。

どんどん順位が上がる。もちろん自分も苦しいけど。。

 

3周目の登りで渡部暁斗選手(北野建設)が止まってた。どうやら熱中症っぽい。

苦しすぎて声も掛けられず。あきとスマン。。

 

最終ラップ6番手を走ってた曽根原選手(東京美装)に最後の登りで追いつく。ゴールスプリントに備える。

下りきってカーブを抜け、先に曽根原選手が仕掛ける。

反応するが、身体が速い動きに対応できていない。簡単に離される。

 

7位でゴールだと思った。そしたら6位だと。

どうやら前で走ってた渡部善斗選手(北野建設)も途中棄権だったらしい。

 

棚ぼた的に入賞。そしてまさかの後半ラップ1番。

正直ここまで走れるのは予想してなかったので、ひと安心もしたけど戸惑いもありました。。

 

ローラースキーも滑るのを引いたんだろう。

 

とにかく暑さでかなり消耗したので、しっかりリカバリーと補給して明日に備えました。

 

 

 

白馬サマーコンバインド2戦 その へ続く

 

 

 

 


スポンサーサイト

                
  • 2017.07.10 Monday
  • -
  • 15:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間はあらゆる傷を治す
    とも
  • 全日本選手権 結果
    こやま
  • 全日本選手権 結果
  • 飯水スキー大会
    こやま
  • 飯水スキー大会
    雪ん子
  • 冬近し
    こやま
  • 冬近し
    やすこ
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    こやま
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    雅希
  • 明日からサマーコンバインド2戦@白馬
    こやま

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR