その後のパフォーマンスの観点から 【鼻中隔湾曲症】

                

 

トレーニングを再開してもうじき3週間が経ちます。

術前と比較して、現時点での違いを比較してみます。

 

 

【酸素をより多く取り込めるようになり、同じ強度のエクササイズならば心拍数が下がるのではないか】

こんな仮説を立ててました。

これについては今のところ全く逆の状況になっています。

同じ強度、いつものペースでも心拍が高い。ちょっと想定外でした。

そのせいか、まだキツい感じがあります。

1週間ベッドの上からの再開なので、その影響もあるかもしれないのでこれは今後も要観察ですね。

 

これに応じてか、最大心拍数も上がりました。

VO2max測定などの正式な最大数値ではないですが、

いつものコースでタイムトライアルを実施したら、今までの記録よりも高い最大値でした。

タイムは良くなっていないので何とも言えないですが。

限界値近くまで身体を動かせるようになったのか、単純にmaxスピードのトレーニングが不足してるのか。。

 

ただ、安静時の心拍はぐっと下がりました。

起床時で45bpm前後、調子いいと40bpm前半です。

しっかり休めるようになったのか、これは良い傾向だと思います。

 

なので安静時心拍と最大心拍の幅が単純に広がりました。

 

 

あとこれは完全に主観ですが、

普段は鼻呼吸で、運動・エクササイズを始めて強度が低ければ鼻呼吸である程度いけて、

強度が上がっていくにつれて口呼吸に切り替わっていくと思いますが、

そのタイミングや口と鼻の呼吸する割合?がまだよくわかりません。

 

今までよりも鼻で呼吸できるので今までキツかったゾーンでも鼻呼吸できるんですが、

どこまで鼻で呼吸していいのかベストがまだ見つけられていません。

もしかしたら意識しすぎなのかもしれませんが。。笑

 

 

今週末は白馬サマーコンバインドに出場します。

準備不足感は否めませんが、ベストを尽くして今の現状を把握したいと思います!


スポンサーサイト

                
  • 2017.12.09 Saturday
  • -
  • 19:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間はあらゆる傷を治す
    とも
  • 全日本選手権 結果
    こやま
  • 全日本選手権 結果
  • 飯水スキー大会
    こやま
  • 飯水スキー大会
    雪ん子
  • 冬近し
    こやま
  • 冬近し
    やすこ
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    こやま
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    雅希
  • 明日からサマーコンバインド2戦@白馬
    こやま

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR