その後のパフォーマンスの観点から 【鼻中隔湾曲症】

                

 

トレーニングを再開してもうじき3週間が経ちます。

術前と比較して、現時点での違いを比較してみます。

 

 

【酸素をより多く取り込めるようになり、同じ強度のエクササイズならば心拍数が下がるのではないか】

こんな仮説を立ててました。

これについては今のところ全く逆の状況になっています。

同じ強度、いつものペースでも心拍が高い。ちょっと想定外でした。

そのせいか、まだキツい感じがあります。

1週間ベッドの上からの再開なので、その影響もあるかもしれないのでこれは今後も要観察ですね。

 

これに応じてか、最大心拍数も上がりました。

VO2max測定などの正式な最大数値ではないですが、

いつものコースでタイムトライアルを実施したら、今までの記録よりも高い最大値でした。

タイムは良くなっていないので何とも言えないですが。

限界値近くまで身体を動かせるようになったのか、単純にmaxスピードのトレーニングが不足してるのか。。

 

ただ、安静時の心拍はぐっと下がりました。

起床時で45bpm前後、調子いいと40bpm前半です。

しっかり休めるようになったのか、これは良い傾向だと思います。

 

なので安静時心拍と最大心拍の幅が単純に広がりました。

 

 

あとこれは完全に主観ですが、

普段は鼻呼吸で、運動・エクササイズを始めて強度が低ければ鼻呼吸である程度いけて、

強度が上がっていくにつれて口呼吸に切り替わっていくと思いますが、

そのタイミングや口と鼻の呼吸する割合?がまだよくわかりません。

 

今までよりも鼻で呼吸できるので今までキツかったゾーンでも鼻呼吸できるんですが、

どこまで鼻で呼吸していいのかベストがまだ見つけられていません。

もしかしたら意識しすぎなのかもしれませんが。。笑

 

 

今週末は白馬サマーコンバインドに出場します。

準備不足感は否めませんが、ベストを尽くして今の現状を把握したいと思います!


鼻中隔湾曲症 術後2週間

                

 

鼻中隔湾曲症の手術をしてから2週間、

退院して1週間が経過しました。

 

 


鼻中隔湾曲症 退院へ 〜入院7日目〜

                

 

【前夜】

ガーゼが全部抜けたということで、土曜日に退院の許可が出ました。

 

ということで、前日の夜に最後の点滴が終わったところでようやく針が抜けました。

この点滴が病人感を助長してすごい嫌でした。。

ほんと自由になった感じがして嬉しかった。

 

こうなると、最後の夜はただの健常者です。笑

 

普通にご飯を食べて、おやつも食べて、本読んでDVD見て、最後の病院ライフを味わいました。

 

ただ、ベッドは固い。

 

 

 

 


鼻中隔湾曲症 術後 〜入院6日目〜

                

 

 

 

6/16㈮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中から明け方、やけに鼻水がドバドバ出た。花粉症みたいに。

 

 

 

 

花粉症になったことないけど。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻から喉にかさぶたみたいな何か大きいものが落ちてきて、

 

 

 

 

それがイガイガしてめっちゃ痛くて悶えて、飲み込めたらスッキリして眠れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間だったけど、朝食のナースコールまで初めてちゃんと寝れた。

 

 


鼻中隔湾曲症 術後 〜入院5日目〜

                

 

6/15㈭

 

相変わらず夜は寝つきが悪い。

というか、寝てる感じがないので寝起きは最悪。朝ごはんの時間までぼーっとして過ごすしかない。


 


鼻中隔湾曲症 術後 〜入院4日目〜

                

 

6/14㈬

 

ちょっとずつ寝られるようになってきた。

 

鼻に詰めてる綿球も最初は真っ赤になってたのが、だんたん色が薄くなってきた。

 


 


鼻中隔湾曲症 術後 〜入院3日目〜

                

 

6/13㈫

 

痛み止めのお陰か、夜はそれほど痛みもなく安心した。

 


鼻中隔湾曲症 手術日〜入院2日目 〜

                

6/12(月)

 

【当日朝】

朝8時以降は絶飲食。水も飲めません。

ちょっとしたファスティングだなとか考えて前向きに。

 


鼻中隔湾曲症 手術へ〜入院1日目〜

                

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

※自分自身で手術の決断をするにあたって、同じ鼻中隔湾曲症の手術をした人のブログ、体験記などをたくさん拝見し、とても参考になりました。

しかしながら、スポーツのパフォーマンスアップにかかわる内容のものはほとんど見つけられませんでした。

唯一、サッカーの宇佐美選手が同じ手術をしたという記事が見つかったくらいでした。

そんなこともあり、日常生活でもそうですが、現在スポーツをしていて鼻中隔湾曲症が気になって同じように悩んでいる方達の参考になればと思い、日記的な内容でどういった変化があったのかを記していきたいと思います。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

6/11㈰

明日のオペに備えて16:00にチェックイン。

 

この日は特にやることなし。


 


8時間と2万回

                

 

麻酔科の先生は、ひとクセあって面白い。

 

〜鈴木浩介似の先生との会話〜

私:「全身麻酔って、10万分の1くらいの確率で覚醒しないことがあるんですよね...?」

 

先生:「そうなんですよー。まぁほぼ無いといって大丈夫ですけどね〜」

先生:「偶発症っていって、脳卒中とか心停止のイベントがごく稀に起こります。」

 

私:「イベント??」

 

先生:「僕らはイベントって呼んでるんですよ〜はっはー(^.^)」

 

私:「...なんかポップですね(^^;)」

 

先生:「ポップですよねー(^.^)」

 

お陰さまで緊張が解れました。。笑

 

 

 

そんなこんなで12日の月曜日、“鼻中隔湾曲症”のオペをします。

鼻の骨の曲がりを削って矯正して鼻からの空気の通りを良くする手術です。

日曜日から1週間ほどの入院になりそうです。

 

自分でも思い切った決断だと思っています。

現状でも自覚では特に差し支えなく活動できていますし、

手術したからといって確実に良くなるものでもないらしいです。

 

ただ、自分の場合はS字に湾曲していてかなり狭いとのことです。

 

1日に2万回以上していると言われている呼吸

そして一日の1/3を占める睡眠

 

それが改善されて少しでもパフォーマンスが上がるなら。。

競技に直接的な好影響がなくても、多少でも鼻呼吸が楽になって睡眠が改善するならと思い、

大事なシーズンを控えていますが決断しました。

 

色々と不安は多いですが、希望を持って臨むので前向きです!

 

今後の動向を、変わらず見守って頂けたら幸いです!

 

 

 

 

 

 

昔からの鼻ぺちゃ、少し高くなってイケメンになればいいな〜

 

 

 

 


1

profile

 

partner

supplier

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

links

          

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 時間はあらゆる傷を治す
    とも
  • 全日本選手権 結果
    こやま
  • 全日本選手権 結果
  • 飯水スキー大会
    こやま
  • 飯水スキー大会
    雪ん子
  • 冬近し
    こやま
  • 冬近し
    やすこ
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    こやま
  • 白馬サマーコンバインド #3 #4
    雅希
  • 明日からサマーコンバインド2戦@白馬
    こやま

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR